このサイトの情報は、放射能汚染地からの避難の代替となるものではありません。

放射能汚染から体を守るためにできる事

放射性物質から体を守るためには、もちろん放射性物質 からの被曝を避ける事が一番ですが、それでも、もし、微量であれ被曝した場合、何が出来るのでしょうか。 チェルノブイリ事故後のデータを研 究したネイマ ン先生によると、遺伝子へのダメージによって起こる奇形児の誕生は、事故直後の2年がピークだったという結果が得られました。そのことから、 出来るだけ、 被曝後2年間は妊娠しない方が良いかもしれません。 また、急性被曝症状が認められない被曝でも、晩曝症状は被曝後10年位して、出て来得る といえます。

放射能汚染が起こった後、汚染地域周辺の人が直接被曝 する以外に、放射性物質は土壌に蓄積し、植物内に取り入れられ、それを食す動物や人間体内にも入ります。 また、福島第一原子力発電所付近の 海水からは、 放射性ヨウ素も検出されています。 それは、海水内の生態系も、放射能汚染されていることになります。

放射性元素は、非放射性の相対物質と構造が似ているた め、すなわち体に普通吸収される物質と似た性質を持っています。 例えば、放射性ストロンチウムは、体にはカルシウムのように認識されること になり、骨や 歯に吸収されます。 という事は、体内のカルシウムが充分であれば、体は放射性ストロンチウムを吸収しにくい、または体が吸収しやすいカルシ ウムを摂取す れば、放射性ストロンチウムを体から出すことができるかもしれないと言えます。 例えば、甲状腺疾患の治療に放射性ヨウ素が使用される事があ りますが、こ の治療中、患者さんはヨウ素を含む物を摂取しないようにと言われます。 それは、体内にヨウ素があり過ぎると、放射性ヨウ素がうまく吸収され ないからで す。 これの裏返しが、抗被曝剤としてのヨウ素の使用です。 体内にヨウ素が充分あれば、放射性ヨウ素が吸収されにくくなります。

この性質を利用すると、栄養、すなわち食べ物によって、放射性物質の内部被曝のダメージを少なくする事が出来ますし、似ている栄養物質を充分に摂取すると、その放射性物質の吸収を妨げ、その上、排出を促す事も出来るというわけです。

セシウムはカリウムに構造上似ているため、体中の細胞に存在するカリウムのレセプターに付着するので、カリウム不足にならない様にしなくてはなりません。 カリウム不足というのは、イオンのバランスに影響するので、不足すると、肌が乾燥したり、筋肉が弱ったりする症状が出ます。 でも、普通の食生活をしていれば、カリウム不足にはならないでしょう。 大概のカリウム不足は、利尿剤でカリウムをわざと体外に出してる場合か、夏場に多くの汗をかき、低カリウム血性を起こす場合です。カリウムは、野菜や肉類、豆類に多く含まれます。

カリウムの代謝はマグネシウムに左右されるので、両方摂取しなければなりません。特にハワイは、土壌にマグネシウムが少ないと言われています。 かぼちゃの種、ひまわりの種、緑の葉野菜、黒豆は、カリウムとマグネシウムを豊富に含んでいます。


放射性物質

似ている非放射性物質

   
ヨウ素131     

ヨウ素

セシウム137  

カリウム

ストロンチウム90 

カルシウム   

プルトニウム238と239

鉄分

コバルト60  

ビタミンB-12

亜鉛65  

亜鉛

硫黄35

硫黄

また、重曹(炭酸水素ナトリウム)は、ウランと結合して排泄する事により、ウランによる腎臓へのダメージを少なくします。

放射性ヨウ素131は、放射性崩壊によって体から排泄されます。 したがって、この期間中、少量の放射性ヨウ素131が、汗や尿となり排泄されると、考えられますので、家族、特に小さい子供を、放射性ヨウ素131の汚染から守るため、トイレ、洗面台、シーツや布団、衣服、その他、汚染が考えられるものを、出来る限り清潔に清掃、洗浄・洗濯する事が必要です。 放射性ヨウ素131の体内での半減期は、甲状腺では100日、骨では14日、腎臓、脾臓と生殖器官では7日です。

海藻などの、ヨウ素をたくさん含む食品は、
放射性ヨウ素が甲状腺に吸収されるのを防ぎます。

 

 

Home || Technical Problems with the Site